【話題】 国政政党14になりNHKが悲鳴 「夜は政見放送ばかりになる」

1: 影の軍団子三兄弟ρ ★ 2012/11/20(火) 10:14:21.42 ID:???0
12月16日に投票が行なわれる総選挙の焦点は第3極の動向だが、これに頭を抱えているのがNHKだ。
党首討論番組に関わるスタッフが明かす。

「討論番組ではすべての党に公平に時間を割り振らなければならない。1人の発言を1分にしても、
1時間番組では質問を4回しかできない。これでは討論になりません」

第3極ブームの中、日本維新の会、みどりの風など、続々と政党要件(国会議員5人以上)を満たす新党が誕生したため、
国政政党は実に14を数えた。順番に1分ずつ喋るとなれば、司会者の質問さえままならない。

「これ以上政党が増えたら番組が破綻する。民放なら小政党の発言時間を短縮することもできるが、
公共放送では無理ですし、番組の時間そのものを拡大しなければならなくなる」(同前)

法律で放送が義務づけられている政見放送も大変だ。比例区の場合、各党1回9分の枠が与えられ、
名簿登載人数に応じて公示期間に2~8回の放送を行なう(東京と北関東は一部を民放が担当)。

それとは別に小選挙区候補者の放送も行なわれるため、政党乱立のうえに各党がかなりの候補を擁立すると見られる今回の選挙では、
「通常番組枠を潰さないと放送しきれない。それに深夜帯や教育テレビで放送すると、
“公平さに欠ける”とクレームがつくからその対応も頭が痛い」(NHK関係者)という。
http://www.news-postseven.com/archives/20121120_155802.html

続きを読む

赤ん坊の泣き声にブチ切れしたクレーマー漫画家さかもと未明氏に著名人からの批判相次ぐ

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2012/11/21(水) 07:06:51.86 ID:LudyUryI0 BE:1202002463-2BP(1000)
「子供は泣くさ」 物議醸した“搭乗マナー”問題、つんくや乙武さんの発言に共感の声多数
2012年11月20日(火) 17時18分

マンガ家・さかもと未明が搭乗した飛行機で起こしたクレーム騒ぎの一部始終を記した記事を受け、ネット上では現在、
同様の場面に遭遇した著名人たちの経験談が注目を集めている。

話題となっているさかもとの記事については既報の通り。泣き止まない乳児と同じ飛行機に搭乗したさかもとが、その泣き声に耐えられず、
航空会社にクレームを入れるまでの一部始終を記すことで「搭乗マナーや機体の工夫について、
議論すべき余地はまだまだあるはず」と問題提起したが、ネット上では反対に、さかもとの行為に対する批判の声が殺到していた。

この記事を受け、ネット上では自身の見解を示す著名人らの声が各方面から上がっている。脳科学者の茂木健一郎氏による
「1歳の赤ちゃんのふるまいを、コントロールできると思っている大人がいることが信じられない」とのコメントや、
弁護士の落合洋司氏が「気持ちはわかるが赤ちゃんが泣くのは仕方ないのでは。
昔から、泣く子と地頭には勝てぬ、いうくらいで」などとTwitterを通じて発言したことは前記事ですでにお伝えした。
http://www.rbbtoday.com/article/2012/11/20/98074.html

続きを読む

安倍「日銀に国債を直接引受させます(キリッ」 → 安倍「買いオペのつもりで言ってました」

/> 建設国債の範囲内で、基本的には買いオペでと述べている。直接買い取りとは言っていない」と指摘した。

物価上昇率に関しても「名目2~3%を目指す。私は3%が良いと思うが、そこは専門家に任せる」と発言していると説明した。

安倍氏の一連の発言に批判的な野田佳彦首相については、「デフレ脱却のための私の経済財政・金融政策について、
野田総理は日本銀行という腹話術師に操られる人形のごとく、お経を述べている」と皮肉った。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MDSR4P0YHQ0X01.html
続きを読む
















  • ライブドアブログ